S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
籠や...
c0135325_1036273.jpg
c0135325_103645100.jpg
c0135325_1037048.jpg

c0135325_11285060.jpg

「籠や」

〒326-0803
栃木県足利市家富町2312
℡:0284-43-3668
mail:kago-ya@watv.ne.jp

open:11~18時

(不定休ですので、遠方からお越しの際は、お電話で
ご確認のうえお越しくださいますようお願いします。)



11月19・20日と二個展をしてくださる「籠や」さんへお邪魔してきました。
昭和初期に建てられた築80年ちかく経つとゆう素敵な佇まい・・。
詩人・書家の相田みつを氏の生家だったそうです。
ここに移り住んでから2年。
「籠や」を営みながら、店主・籾山さんが暮らしています。
工芸品が好きで、そのひとつとして「かご」を愛用されていたところ
まわりの人たちが籾山さんのもつ「かご」に魅了され、頼まれたことから
時々、展示会を開いていたとゆうのが始まりだったそうです。
それから・・自宅shopにて、あけびや山ぶどうで編まれた籠職人さんの
美しい伝統工芸を伝えるお仕事をされてます。
そのほとんどが青森産で、山ぶどうは100年もつと言われているそうです。
「籠や」では、クオリティーの確かなもの、素朴だけれど洗練されていて
存在感のある、飽きのこない編み目の美しさにこだわった「いいもの」を
ご紹介しています・・。
青森の農家さんが農閑期に、ひとつひとつ丁寧に編んで形にしていきます。
大量につくれないのでオーダーの場合はお時間がかかるそうです。
今回、この個展のために数を揃えていただきました。
なかには、オリジナルや珍しい編み目の籠も展示してくださいます。
ちょっとしたお使い用に小さな籠から、個性溢れる大きな籠まであります。
艶と味と色の深みが使うほどに増し、
長く愛用できる本物を・・用いて美しい日本のものを・・実際に手にとってみてください。
お手頃価格のあけびから、一生ものの山ぶどうまで・・。ちいさな小物もご用意されます。
どれも、きっときっと心に響くと思います・・。
いつか・・子供に譲り受け継げる山ぶどうの籠が欲しいなと思いました。
アフターも安心で修理もしてくださるそうです。

※数に限りがございますので、みなさまお誘いあわせのうえお越しくださいませ。
(オーダーになりますと2ヶ月~ほどかかってしまうそうです。)

個展、両日とも店主・籾山さんが在店してくださいます。
籠のお話が詳しく聞けますので、時間帯はまたお知らせいたします。  

1+misa

[PR]
by 1unplus-m-m | 2009-10-24 10:39 | 作家handmade
<< 明日 二個展 >>